top of page

046\凛門ラウンジ家具でお出迎え/

昨年デザイン・納品した江之浦リトリート凛門のラウンジ家具。

テーブルは凛門近くの真鶴より本小松石で、椅子はスリランカよりラタンの編み物と木のチーク材にて造作しました。


それらを両親にお披露目できる機会を設けることができ、思い出にのこる1日となった。

4月の気候のよい日。自分でデザインした家具でアフタヌーンティーを堪能してくれた両親をみながらこの仕事をしていてよかったと思えた。


凛門のアフタヌーンティーはスコーンやセイボリーなどのオーソドックスな組み合わせはなく、甘味ベース。季節感や食感が楽しめて味覚だけでない五感で楽しむアフタヌーンティーであった。

入口には満開の桜がお出迎え。また両親をつれて来たいと思う。

Comments


bottom of page